住宅会社におけるホームページの役割

投稿日:2022年04月10日

 

これまで500社以上のホームページリニューアルを実施させていただき、その後3年以上の経営支援をさせていただいたおりますと、ホームページには一段高い役割があることがわかります。それは、「3年後のあるべき姿へと牽引すること」です。経営とは、あるべき姿の追求ですから、あるべき姿から逆算し、常に企業ケイパビリティーを高めていくことが必要不可欠になります。

 

 

 


●必要最低限のホームページ役割

 

・集客数の増加
・売上高の増加
・コンセプトと差別化
・マーケティングとファン化
・お客様像の明示
・私たちのできることの明示

 

などなどですが、これにより「今できる最良サービス」をお伝えし、今期来期の売上を作ることが、経営におけるホームページの役割になります。しかし、単に集客が増えればOK、売上高が増えればOKではありません。

 

 


●優れたホームページの役割

 


 ハンズオンで経営コンサルティングをしておりますと、3年前では出来なかったサービス、お客様層、スタッフレベルへと『ホームページが導いてくれた』という事例には枚挙にいとまがありません。そう、私たちのクライアント様には、ホームページが3年後の「競争優位性」と「存在価値」を変革してくれた。という企業が多いのです。

 

・今できることではなく、一生懸命ストレッチしないと出来ないことを
・3年後の地域における存在意義とミッションを言語化
・3年後のあるべき姿(スタッフ、求人、お客様、サービス)を明示
・3年後に実現したいブランドコンセプト

 

と、ブランドアイデンティティから言語化し、そこから逆算したホームページを作ると、企業は成長します。競争優位性を構築できます。ですから、ホームページは3年に1度はリニューアルし、常にあるべき姿を掲げ、そこに近づくという努力を継続することが、企業成長には必要なことなのです。

 


●3パターンの企業

 

ホームページ > 企業ケイパビリティー

ホームページ ≒    企業ケイパビリティー

ホームページ < 企業ケイパビリティー

 


単に今できることを掲載することがホームページの役割でしょうか?それは必要最低限の機能に過ぎません。あるべき姿、近い将来に実現するべきブランドコンセプトを掲げ、ストレッチすることで常にサービスレベルを磨き続けることが必要不可欠です。故に、競争優位性の高い企業経営をするには、ホームページが、今日の企業ケイパビリティーより高い位置にあることが理想だと思っています。

 


単にカッコいいホームページ、集客が増えるホームページではなく、「3年後のあるべき姿」に連れて行ってくれるホームページを作ることこそが、私たちの使命であり、そのための経営指標×チェックリストは120以上の項目になります。

 


今日できることの継続では、会社は強くなりません。今日は出来ないけれど、明日できることを増やすことこそが、企業の競争優位の源泉です。

 


私たちは、経営コンサルティングを通じで
「競争優位性」「事業経済性」「ブランドエクイティ」を向上します。

 


このような課題はありませんか?

 

・ビジョン実現のためのホームページを作りたい
・3年後のあるべき姿、ブランドコアを言語化したい
・PLとBSを強くしてしまうホームページを作りたい
・契約率40%、総利益率31%、営業利益率10%の経営をしたい
・スタッフレベル、求人レベル、お客様層を変えたい

 

 

工務店、設計事務所、住宅会社の経営者の方は、

まずは私たちにご相談ください。

 

 

住宅会社の経営改善なら
イノマルコンサルティング

 

ホームページについて相談したいのですが・・・
と、無料の経営相談会をご利用ください。

 

無料の経営相談はこちら

 

2022年4月10日 投稿|     

無料の経営相談
無料の経営相談
お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
WEBサイトからのご予約・お問い合わせもできます。
電話でのご相談は
受付時間:平日9:00~18:00
(土日祝日、年末年始除く)
WEBからの
お問い合わせは