「経営幹部・マネジメント層の育て方」

投稿日:2018年03月11日

 

経営幹部育成・マネージャー育成に課題の無い会社はありません。

 

 

100棟ビルダーを目指そう!
多角化ビルダーを目指そう!
と考えた時に、事業マネジメント、組織マネジメントをしている人が、社長1人では絶対に実現不可能です。

 

全国400社以上のビルダー経営相談をいただき、30棟の壁、50棟の壁は、おおよそ以下の通りではないかと感じています。

 

・社長1人の限界は、年間30棟
・社長+No2での限界は、年間50棟
・100棟ビルダーへの壁は、経営層4人

 

「企業成長の壁」には必ず「人の壁」さらに言及すると「マネジメント層の壁」が存在しており、お付き合いのある企業様でも社長1人の限界である「経営TOP依存症」、社長とNo2しか育てる人のいない「マネジメントの壁」に必ずぶつかっています。

 

経営者の方が感じる組織課題で言えば、

 

・幹部 MGRとして期待しているが、結局は指示待ちである
・企業の成長、組織の発展を考えて欲しいが「経営視点」が無い
・1つの事業を任せて行きたいが幹部として「視点」「意識」が低い
・現場スタッフへ戦略やMissionを浸透させて欲しいが薄まる
・現場スタッフの「仕事」と「意欲」を高めて欲しいができない

 

など、「事業マネジメント」「組織マネジメント」ができる人を育てる事ができない。というのが中小企業の課題だと痛感しております。中小企業では、大手企業と比較して経営者の判断と実行スピードがその強みですが、それを支える幹部・マネージャーの育成が欠落しているのではないでしょうか?

 

===============
クライアントA社 山田さんの事例
===============

先日、静岡県にあるクライアント企業様で大きな変化を感じました。
事業継承した社長が右腕として期待していた山田さん(仮名)。山田さんは仕事はできる上に、会社の成長を担って行きたいという高い意欲はあったものの、実際には彼自身のマネジメントの壁にぶつかっていました。

 

 

人を成長させたいと願う一方で、「あいつは意識が低い」、「あいつはお客様への対応準備は弱い」、「あいつは数字への意識が薄い」と自分が優秀である故に、人を育てようとすればするほど「育ててやろう症」にかかり、むしろ現場スタッフから煙たがられ、リーダーとは程遠い印象でした。でも数字は”自分が”しっかり作っている。

 

ところが、ここ数ヶ月、劇的に変化しました。
経営者の想いや意図を汲み取り、現場に浸透させる。現場に戦略やMissionを浸透させるために積極的に社長を”うまく使い”場を作り出せる。メンバーの課題を傾聴し、想いと具体的な改善指示を出す。といった取り組みにより、組織が劇的に「良い雰囲気」となり、「1人1人が考えて行動」する会社に変わり始めました。実際に数字も伸び始めてきました。まさに30棟の壁を越え、50棟ビルダーへの組織へと変革しています。

 

===============
ビルダーの幹部育成に特化した研修
===============

 

経営幹部・マネジメント層を育てるには、その役割に必要とされる「スタンス」と「スキル」を学習していく事が必要不可欠です。幹部育成が出来ている会社と、出来ていない会社の違いは、幹部育成をする制度が会社にあるか、あるいは「お前ら自分でそんくらい考えろ!」かの違いにあります。スタッフ育成以上に、幹部育成の手法は中小ビルダーに欠如しています。

 

 

経営幹部・マネージャー育成には

 

・経営幹部の心得 経営者を経営に集中させ、浸透と問題解決を行う
・経営幹部の演技力 素の自分ではなく、管理者・伝道者・指導者を全うする
・経営幹部の合意形成 メンバーを牽引する対話力・合意形成力を発揮する
・経営幹部の経営戦略 TOPの戦略・理念の意図を汲み取り、組織に浸透させる

 

などなど、経営幹部に必要なスキル・スタンスを養う場を作り、役職に必要な能力を養う事が必要不可欠です。

 

前述の山田さんもこれを受け、自身の現状を受け止め、どう変わるべきか?を学び、日々実践することで変わっていったのです。彼を含め、このように経営幹部への成長していく過程には、「いかに自分が経営幹部としてダメか、嫌なやつか?」を自覚するフェーズが必要です。これは社長に言われても簡単には理解できるものではなかったりします。「もっと経営者として考えてくれ」では人は成長できません。

 

経営コンサルティングをしていて、一番心に刺さるのは、「人が大きく成長した瞬間」です。経営者が100棟ビルダーを目指し始める、昨日まで嫌われ幹部だった方が、組織のハブとなる。など、企業の成長には、「人の変化」が必要不可欠です。100棟ビルダー、多角化ビルダーを目指すために経営幹部を育成したい、マネージャーを育成したい、という方は、経営幹部育成研修の無料相談をご利用ください。経営幹部 マネジメント層の育成において重要なことは、彼ら彼女らの「どうすれば経営幹部になれるか?」というHowではなく、「なぜ、経営幹部を担うべきか?」のWhyにあります。Whyから始まり、Howを学ぶ管理職研修を一度ご体感下さい。

2018年3月11日 投稿|     

無料の経営相談
無料の経営相談
お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
WEBサイトからのご予約・お問い合わせもできます。
電話でのご相談は
受付時間:平日9:00~18:00
(土日祝日、年末年始除く)
WEBからの
お問い合わせは