適切な経営戦略があれば、HPだけでも年間24棟できる

投稿日:2015年07月16日

皆様、こんにちは。

 

今日は、ちょっと特殊な事例をご紹介させていただきます。

弊社では、基本的には、エリアNo1企業輩出を信条に、成長する100棟ビルダーを作る経営戦略を得意としております。

 

 

しかし、コラボハウスネットワーク加盟企業様など、

「小さくてもエリアで価値を発揮する強い会社」と出会う機会が多くなってきました。

 

そして、小さな会社でも市場の選択さえ間違えなければ、HPからの集客だけで年間24棟を実現することも可能です。

まずは、エリアで小さな勝ちを得る。社員4名で年間24棟のモデルができれば、あとは店舗展開で会社を成長させることも可能です。

 

 

今日現在、神奈川県、兵庫県、大阪府、愛知県などで

「優位性のある注文住宅ビジネスモデル」を作り、「HPからの集客だけで年間24棟」を実現する仕組み作りに成功しています。

 

ここで大事なことは、

 

①お客様に選ばれるポジションを選定する

エリアで他社ができない家づくりに絞り込む(差別化)

接客サービス、来店のしやすさ、相談のしやすさに注力する

明確なポジション設定し、キャッチコピーをつくる

 

②集客導線を設計する

ターゲットとするお客様だけを集めるニッチ集客を行う(自社の強みだけ伝える)

HPの集客強化

※複数の「エリア×セグメントワード」(例:川崎市×デザイナーズ住宅)でTOP5にランクインする

ターゲットに刺さるコンテンツを整備する(土地探し、狭小住宅など)

 

③サービスの提供

他社ができない問題解決の提供

自社が得意なサービスを得意なお客様を選んで提供

次のお客様が集まるサービス提供

「家を建てるならば、あの会社に相談にいった方がいいよ!」と言われる本質的な紹介促進

 

の3点になります。

 

市場が縮小しても、存在価値のある会社は必ず生き残ります。勝ち残ります。

一方で、今30棟、50棟やっている会社でも、この会社は縮小した後には残らないだろうな・・という会社も数多くあります。

 

今、自社の存在意義は高いか?

どうすれば、もっと存在意義を高めて、求心力を高めることができるか?

優位性のある会社になること。それが究極のマーケティングです。

 

 

 

ポジションを選定する

HPで集客する

強みの提起、集客導線の設計、相談の誘致

サービス提供

 

たったこれだけで、年間10棟以下の会社が、24棟までは成長できます。

そこから先は、経営者のビジョン次第です。ビジョンがなければ、お客様は集まりません。人材も集まりません。良いサービスもできません。目先の売上だけあげたい経営者は、今のまま目先の利益率の低い仕事をして、増税後に市場から撤退せざるえないのではないかと思います。

 

それがお客様のためであり、市場(社会)のためである。

 

 

2015年7月16日 投稿|     

無料の経営相談
無料の経営相談
お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
WEBサイトからのご予約・お問い合わせもできます。
電話でのご相談は
受付時間:平日9:00~18:00
(土日祝日、年末年始除く)
WEBからの
お問い合わせは