注文住宅会社が「小区画分譲」を活用して急成長する方法

投稿日:2016年02月02日

これまで弊社では、420社以上の住宅企業様を支援させていただきましたが、最近こんな風潮があります。中堅ビルダーの小区画分譲戦略です。

 

中堅(年間50棟以上)のビルダーが、5~10区画の分譲地を仕入れ、売建で住宅を販売するというものです。

 

その理由は、縮小していく市場の中で

 

・土地なし客の契約期間を短縮し、企業成長速度の向上

・注文だけでは取れない層を獲得し、県内シェアの拡大

・街並み提案をすることでタウン設計を行い、ブランド向上

 

という意図があるからです。

 

例えば、

・四国で年間100棟を超えるビルダーが、小区画分譲で年間30棟~をアドオン(年間150棟)

・九州で年間50棟を超えるビルダーが、小区画分譲で年間20棟をアドオン(年間70棟)

・関東で年間50棟を超えるビルダーが、小区画分譲で年間30棟をアドオン(年間80棟)

 

という小区画分譲を活用した戦略で業績拡大を図っております。

 

注文会社がどうやって最速で県内シェアを拡大できるの?

小区画分譲の成功手法を聞いてみたい!?

 

というご要望も多くいただくようになりました。

 

県内100棟ビルダーはもちろん、県内シェアを高めて65万戸市場でも勝ち残りたい。そんなご希望のある方は、ぜひ、イノマルで主催しております無料経営相談で「成功事例」と「課題と対策」をお聞きください。

 

2016年2月2日 投稿|     

無料の経営相談
無料の経営相談
お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
WEBサイトからのご予約・お問い合わせもできます。
電話でのご相談は
受付時間:平日9:00~18:00
(土日祝日、年末年始除く)
WEBからの
お問い合わせは