年間10棟以下の小さな工務店がブランドビルダーになるための「はじめの一歩」

投稿日:2019年05月20日

 

年間10棟以下の工務店(設計事務所)が抱えている企業課題

 

商品不在症

 

・社長が売上のほぼ100%を作っている
・商品は無く、社長の対応力で営業、設計、施工
・商品が無いので毎回粗利が変わる
・常に忙しく、未来の売上を考える時間が無い
・新規集客はほぼ無い
・売上の7割以上が紹介である

 

 

この状況を脱するためには、

 

「あの会社いいな!という新規集客をつくること」
「社長以外に活躍できる社員を採用すること」

 

そのためには、

 

「あの会社の話を、一回聞いてみたい」
という広告、ウェブサイト、見学会を準備することです

 

その秘訣は、たった1つです。

 

それは、

人を惹きつける写真

 

私たちがお付き合いをさせていただいているクライアント企業様は、420社以上ございますが、企業の立ち位置を変えることで、社格・ブランドを変革し、年間10棟以下から50棟ビルダーになった事例がたくさんございます。その最重要要素は、「写真」です。

 

たった1枚の写真が会社を変えた

 

優れた写真によって

・広告を見て来場
・ウェブサイトを見て来場
・広告を見て見学会

 

良い写真が、全ての始まり

 

 

例えば、年間15棟ビルダーから、千葉県で30棟、50棟、70棟と成長を続けるエーセンス設計事務所(旧アズウェル)様では、まさにこの1枚が集客、採用、ブランドを劇的に変えていきました。

 

 

・こんなお家がいい
・この会社を見ておきたい
・こんな会社で働きたい

 

 

会社のブランドを作る写真

 

「あれが欲しい」というシンボルハウスがあれば、ファンが集まる。指名買いが生まれる。社長以外でも提案できる。それが、商品不在症を脱却するスタートボタンです。どこかで商品を買ってくればOKというわけでありません。

 

まず、会社の立ち位置をガラっと変える最初の一棟。

・社長自邸
・モデルハウス
・ネットワーク

 

他社と差別化できる、優位性のある一棟、一枚の写真が全ての始まり。

 

・商品不在症を脱却したい
・紹介営業を脱却して、新規集客をしたい
・毎年安定集客、安定受注できるビルダーになりたい
・ファンが集まるブランドビルダーになりたい
・働きたいという人が集まる会社にしたい

 

というビルダー経営者の方は、まず、無料経営相談をご利用ください。貴社の強み、社長のビジョンを大切しながら、ブランドビルダーになるための戦略を一緒に考えていきます。他社事例も参考に、ここで自社の未来を書き換えませんか?お気軽にご相談ください。

 

無料経営相談は、こちら

 

東京・大阪・福岡にて無料相談をさせていただけます。

2019年5月20日 投稿|     

無料の経営相談
無料の経営相談
お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
WEBサイトからのご予約・お問い合わせもできます。
電話でのご相談は
受付時間:平日9:00~18:00
(土日祝日、年末年始除く)
WEBからの
お問い合わせは