工務店経営者のための「社長依存型 貧乏暇なし経営からの脱却」

投稿日:2021年03月19日

 

全国500社以上の工務店・設計事務所・リフォーム会社様の経営改善をしておりますと、決算が赤字〜トントンの会社からご相談をいただくことが多くございます。

 

営業利益率3%以下で、以下のような経営者の方は、まずは頑張っても儲からない構造から脱却しなければ、良い仕事も、良い組織も、良い会社もできません。まずは、利益が残る決算をするビジネスモデルを作ることが絶対条件です。

 

 

※貧乏暇なし経営とは
 社長が一生懸命に仕事をしているが
「社長役員報酬+経常利益」が3000万円以下の会社

 

このような課題があれば、要注意です

 

・社長しか出来ない仕事ばかりである
・人が育たない、すぐに辞める
・金額もサービスも社長の判断
・常に問題と課題に追われている
・紹介や安売りでしから顧客獲得できない

 

こういう経営者は、オーナートラップにはまっている状態で、今日の仕事に追われ、未来の仕事ができないので、ずっと貧乏暇なし経営に追われることになります。

 

 

※オーナーズトラップとは
 「経営計画策定」「マネジメント」「現場仕事」の3つの要件のうち、「現場仕事」に時間の70%を奪われており、経営者ではなく職人になっている状態。常に利益が出ないので、気持ちが折れたら会社は終わる。

 


この状況を脱するには、まずは利益が残るビジネスモデルを作ることです。そして、社長が現場に出なくても売上を作れるオペレーション、システム、組織を作ることです。赤字職人を脱して、儲かる経営者にならなければ、企業の存続はありません。

 

私たちは、貧乏暇なし経営を脱却し、完工粗利30%、経常利益率14%の住宅事業をつくるナレッジを保有しております。全国に再現性の高い実績を持ち、データに基づいた確かな経営をすることで、ほぼ全ての案件において決算を良くしている実績があります。

 

・年間数棟しか受注がない
・紹介、安売りでしか仕事が取れない
・毎年頑張っているのに、結局赤字である
・人が育たない辞めてしまう
・社長しか判断と問題解決できない

 

という会社から、年間30棟、経常利益率12%モデルへと経営改善することが可能です。

 


ブランド(企業・事業・商品)を作り
マーケティングで集客と契約を作り
システム化で組織をつくる

 

良い会社を作るには、利益を生み出すビジネスモデルが必要不可欠です。赤字やトントンでは、集客、事業、採用、育成に投資をし、企業成長を目指すことなど到底できません。まずは、完工粗利30%の住宅事業をきちんと作りませんか?貧乏暇なし経営から脱却したい経営者の方は、まずは無料の経営相談をご利用ください。


住宅業界の経営改善なら、
イノマルコンサルティング

 

全国500社以上のデータと実績があるからこそ、再現性ある経営手腕で、貴社の経営改善を担います。まずは、決算書と経営者ヒアリングから、現状診断をさせてください。その後に、確実に利益の残るビジネスモデルへの経営改善をご提示させていただきます。


まずは、無料の経営相談会を

2021年3月19日 投稿|     

無料の経営相談
無料の経営相談
お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
WEBサイトからのご予約・お問い合わせもできます。
電話でのご相談は
受付時間:平日9:00~18:00
(土日祝日、年末年始除く)
WEBからの
お問い合わせは