工務店・リフォーム会社の成長手段

投稿日:2016年08月17日
「工務店・リフォーム会社の成長方法」

 

住宅会社を成長させるセオリーは基本的には3つである。

 

①シェアの拡大

同エリアにおいてとにかく年間棟数を拡大する。単一商品サービスで100棟を目指す。さらにカテゴリー別商品などで県内シェアを拡大する。とにかく1つのエリアで年間完工棟数を拡大し、県内のシェアを最大化する方法。

 

②エリアの拡大

1つのモデルでシェアを取れたら店舗展開、既存エリア外への事業展開により年間棟数を拡大する。人口世帯数にもよるが、4店舗100棟ビルダーから後は、県外エリアへの出店なども検討される。隣接する県や類似商圏に進出することによって、売上を拡大する方法。

 

③ドメインの拡大

1つのエリアで1サービスでシェアを獲得した後に、ドメインを拡大する。リフォーム、新築、不動産とトータル住生活企業としてのポジションを確立する。地域でのブランドを強固なものとして会社を発展させていく方法。

 

 

工務店・リフォーム会社向けの成長戦略のセオリーとしては、

 

【ビルダー向け戦略】

住宅会社に対しては、デザイン戦略を活用した①シェア拡大戦略である。

デザイン力のある商品サービスでポジションを獲得するための戦略である。

とにかく空いてるポジションを占有すること(デザイン、自然素材、和モダンなど。)

 

商品デザインにより、商品、広告、WEBを変えることで

・集客力アップ

・契約率アップ

・単価アップ

・利益率アップ

・採用力アップ

 

により会社を強くし、競争優位性を作りながら県内での店舗展開によるシェアを拡大する。

4店舗100棟ビルダーへの道である。県内での出店により、広告効率の最大化、認知度の拡大、ブランディングを確立し、強い会社を作る。

 

【リフォーム会社向け戦略】

リフォーム会社に対しては、③ドメイン拡大戦略である。

リフォーム会社が、新築を立ち上げることで、大型リフォームへの特化、住宅による単価利益率の拡大、デザイン強化、人材採用力強化と、会社のフェーズを上げていく。

 

注文住宅により、商品、広告、WEBを変えることで

・集客数アップ

・客層の変化(低単価から高単価へ)

・単価アップ

・利益率アップ

・採用力アップ

・経営効率のアップ

 

により地域で住生活トータル事業を目指す。エリア内でリフォームから新築(注文住宅)、不動産まで扱うことで企業成長を目指す。地域になくてはならない会社へと転身する。

 

 

リノベーションなど話題をひくサービスはたくさんある。

しかし、大切なことは「本質的に会社を成長させるか?」、「生産性の高いビジネスモデルになりえるか?」

 

経営は、勝つことと負けないことの両方を重視しながら、会社を成長させることである。

今日を一生懸命走るよりも、経営者の仕事はあくまでも未来の売上を作るために、頭に汗をかくことである。

 

 

2016年8月17日 投稿|     

無料の経営相談
無料の経営相談
お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
WEBサイトからのご予約・お問い合わせもできます。
電話でのご相談は
受付時間:平日9:00~18:00
(土日祝日、年末年始除く)
WEBからの
お問い合わせは