住宅会社経営における「採用失敗による5つの損失」

投稿日:2021年03月29日

 

全国の住宅会社様の経営支援をさせていただいておりますと、経営における「事業」と「組織」課題に多くぶつかります。事業課題においては一定の成功確率の高い道がありますが、組織課題においては千差万別です。経営者タイプ、組織タイプ、事業モデルにより、組織戦略は大きく変動します。

 

事業継承、事業衰退、企業衰退において必ずネックになるのが組織課題です。そしてその組織課題は、多くの場合、エントリーマネジメント=「採用」の時点で始まっています。優秀な人が採用できない、採用した人が育たない、人が定着しない、離職率が高い、若手が育たない、生産性が低い・・・これらの原因の大半は、採用時点です。そして、採用のミスは、企業に大きな損失をもたらします。

 

 

採用失敗における5つの損失

 

1.顧客の信頼低下
2.育成コストの損失
3.人件費(投資)の損失
4.口コミ 労務リスク
5.経営者の心理ダメージ

 


800社以上の住宅会社経営を支援させていただいておりますと、当然、採用の失敗、組織課題は永遠にで続けていきます。正解も決して1つではありません。事業の悩みよりも、組織(人)における悩みの方が、経営者、マネジメント層からいただく問題としては絶対的に多いのです。そして、どの会社でも起きている採用失敗損失があります。1つずつ説明いたしますと・・・

 


1.顧客の信頼低下

 

 企業価値をきちんと提供できるスタッフでなければ、既存のお客様、新規のお客様の期待を裏切ることになります。本当であれば価値を提供させていただき、得られていた利益が失われます。それと同時に、マーケティングコスト損失や、「あの会社微妙だったよ・・・」という負の口コミを発生させます。人材基準の低下は、顧客信頼を失うという多大な損失を生みます。

 

 

2.育成コストの損失

 

 人が一人入社(退社)すれば、経営者、研修担当、メンター、総務などの時間はそこに投下されます。一般的にここの時間投資は優秀な人(アウトプットの高い人)の時間が投下されますので、活躍せずに離職する人、フリーライダーに育成コストを払えば、その分の時間(及び資金)の損失を生みます。

 

 

3.人件費(投資)の損失

 

 これは当たり前ですが、成長しない人、活躍しない人、フリーライダー、不平不満の人に将来の人材として投資しても、その投資効果は返ってきません。人件費及び保険料を水に流しながら、顧客の信頼を失い、育成コストの浪費をもたらします。

 

 

4.口コミ 労務リスク

 

 これは中小企業ではありがちですが、企業方針の説明や労務システムが当然ながら未完全のため、大きなリスクを生みます。優秀な人は、努力を継続し、成果を発揮します。非優秀な人は、不平不満を継続し、問題を発生させます。社員口コミサイトへの投稿や、労務問題と向き合う経営者の方とこれまで何度もこういった問題を解決しています。本来、未来を良くするための投下されるべき経営者の「時間」と「意識」が後ろ向きで何も生まない問題に奪われると、企業の成長は止まります。

 

 

5.経営者の心理ダメージ

 

 これは経営者限定の話ですが、これが最大のテーマかもしれません。期待し、投資し、成長を願った社員が離職することはとても心の痛むものです。でありながら、1~4の損失を発生させていきます。これを機に「幹部の離職で会社売却を決意した」、「事業のあり方を変えた」、「組織のあり方を変えた」、「経営者としての期限を決めた」というケースは多くあります。

 

 

 

このような課題はありませんか?

・自社で活躍するターゲット層が曖昧である
・採用しても育たない、辞める、赤字写真だ
・採用する人材レベルをとにかく高めたい
・中途で優秀な人材を採用するコツ(事例)を知りたい
・5つの損害対応、組織制度、労務制度を構築したい

 

まずは、私たちにご相談ください。
500社のデータベースと、確実な実績から、貴社の経営を改善します。


住宅会社の経営改善なら、
イノマルコンサルティング


「無料の経営相談」はこちら

 

2021年3月29日 投稿|     

無料の経営相談
無料の経営相談
お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
WEBサイトからのご予約・お問い合わせもできます。
電話でのご相談は
受付時間:平日9:00~18:00
(土日祝日、年末年始除く)
WEBからの
お問い合わせは