fbpx

住宅会社のためのM&Aスキーム

投稿日:2020年03月11日

 

住宅会社を中心に、年間450社以上の経営コンサルティングをさせていただいておりますが、ここ2年間、M&Aの案件が急増しております。事業拡大のためのM&A、廃業に向けたM&A、事業継承に向けたM&Aなどその背景は様々です。

 

 

 

・事業拡大のために商社だけではなく、「建設業」に参入したい
・事業継承者不在のため、「解体業」を売却したい
・娘婿への継承に伴い、住宅会社をM&Aして財産分与したい
・ホールディング経営に伴い、電気工事業をM&Aしたい
・後継者不在、景気の傾きも不安のため、今の内にM&Aしてしまいたい

 

 

といったお問い合わせを多くいただき、デューデリデンスに基づいたディールを実施しております。

 

 

===========================
2019年ランキング(当社問い合わせ)
M&Aしたい企業ランキング

1位:建設業
2位:解体業
3位:電気工事業

===========================

 

まず、事業価値を正確に見える化することがとても大切です。

 

しかしながら、

 

①事業価値はM&Aする側によって価値が変わる 
 デューデリデンスの結果より、シナジー効果を見込んで高値で買収する

 

②ホールディングス化による相続戦略を持ったM&Aをする
 売却後の経営者の人生を考えた、資本戦略・相続対策を同時に実施する

 

などなど、「税理士では難しい」「M&A会社では難しい」ことも、住宅業界に特化しているからこそ、継承、相続、資本政策、成長戦略など多面的にみてM&Aする側、される側のどちらもWin-Winになるようなスキームを設計できることが当社の強みになっています。

 

・ホールディング経営に切り替えていきたい
・事業継承を見据えた相続対策をしていきたい
・事業継承のためのM&Aスキームを設計したい
・経営者引退に向けてM&A戦略を企画立案したい
・小さい会社だけれど、M&Aの対象になるか調査てみたい
・建設業、解体業、電気工事業を保有したい

 

という建築業界経営者の方は、まずはお気軽にお声がけください。

 

現在地を知り、未来を描くことが大切です。経営以上に財産、相続、廃業などが絡むため、経営者はM&Aに置いて孤独になりがちです。工務店、設計事務所、住宅会社、商社の経営者の方、まずは、私たちにご相談ください。

 

住宅会社のM&A相談はこちらからご予約ください

2020年3月11日 投稿|     

無料の経営相談
無料の経営相談
お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
WEBサイトからのご予約・お問い合わせもできます。
電話でのご相談は
受付時間:平日9:00~18:00
(土日祝日、年末年始除く)
WEBからの
お問い合わせは