fbpx

会社を潰す組織の作り方

投稿日:2020年05月24日

 

 

 

全国のビルダー経営を支援させていただいておりますと、組織の作り方が理由で潰れかけている会社があります。経営者が危機感を抱き、変わろうと危機感を煽り、ビジョンを必死で伝えるも「笛吹けども踊らず」で会社が徐々に衰退している。そんなケースが多くあります。

 

 

・事業継承をしたが、古参社員・旧組織が動かない
・役職に甘んじて努力しない、成果を上げない人が増えてきた
・組織の平均年齢が上がり、生産性が落ちている
・課題を市場のせいにしていて、売上が徐々に落ちてきている
・フリーライダーが増え、赤字社員を一部の営業で支えている

 

などなど、明らかに組織のせいで会社が傾いているビルダーは決して少なくありません。市場環境や競合によって直接的に売上が落ちるケースももちろんありますが、多くの場合、原因は自社にあります。

 

=======================

会社を潰す3つの組織マネジメント

=======================

 

ダメな会社は、3段階の組織マネジメントで起きています。それが、「エントリーマネジメント」、「プロフェッショナルマネジメント」、「エグジットマネジメント」の3つです。どこかに妥協した組織づくりをしていたら、いずれ痛いしっぺ返しを受けるのは、経営者自身です。

 

 

 

「エントリーマネジメント」で会社を潰す

 

応募者の中から採用しており、応募者の質を上げるための採用戦略に知恵を絞らない。採用基準を下げた採用は、会社のレベルを下げ、会社のサービス品質を落とし、本来あった売上を損失に変えることになります。今は来ていなくても求める採用基準を明確にし、求める人が応募してくれる採用戦略が必要不可欠です。採用の失敗を、育成でカバーすることは決してできません。

 

 

「プロフェッショナルマネジメント」に衰退

 

一定の資質ある人材を採用しても、戦力化を怠れば、企業の基準はどんどん低下します。人が不足しているからといって、育てる時間が無いからといって、「生産性」、「プロフェッショナリズム」、「成長する考え方」への妥協を始めれば、サービスレベル、売上、利益はどんどん落ちていきます。今いる人材のレベルこそが、競争優位性となります。妥協するほどに、企業の存在価値は劣化していくことになります。

 

「エグジットマネジメント」による衰退

 

社歴10年以上の会社に出てくる課題です。「会社は未来のために存在しており、過去のためには存在していません。」企業も個人も多少なりとも実績を積むと、成功したという勘違いから自己満足により、成長を怠るようになります。

 

仕事上ではこれは「経験の罠」と呼ばれ、「過去の功績」や「今のポジション」に甘んじ、生産性を落としていきます。こういった人が組織の中間層に存在すると、組織全体の生産性を落としていくことになります。これが企業の衰退の順序のスタートボタンであり、危機感を失った企業は市場から退場を求められることになります。

 

 

=======================

会社を伸ばす3つの組織マネジメント

=======================

 

上記の会社を潰す3つの組織マネジメントにはまってしまったらやるべきことは3つです。

 

①エグジットマネジメント

 過去にすがる人材の代謝。目先売上を抱えていたとしても、企業の基準を下げている人材は会社にとって大きな損害です。経営者が過去の功績やこれまでの情に甘んじて正しい決断をできないでいると、組織は手遅れになります。「変わるか?辞めるか?」の決断をできないならば、いずれ早晩会社は潰れます。

 

②エントリーマネジメント

 採用レベルの強化。とにかく、目指す企業の「あるべき姿」のために必要な人材を集めることです。そのためには、行き当たりばったりの採用ではなく、優秀な人材、資質、スタンスを持つ人材を集める採用戦略が必要不可欠です。1人の採用で会社が、ガラッと変わることも決して少なくありません。

 

③プロフェッショナルマネジメント
 
 組織基準の強化。自社がプロとして提供するサービスを実現するために、戦力化、成長に妥協をしないことです。明確な基準を設け、組織純度、サービス品質を下げないことが非常に重要です。

 

 

・組織が高齢化してきて生産性が低い
・最近、赤字社員が増え、利益が落ちてきた
・会社を変革したいが、組織が重たくて難しい
・採用基準、退職基準が曖昧で生産性が低すぎる

など、「エントリーマネジメント」、「プロフェッショナルマネジメント」、「エグジットマネジメント」に関する課題はございませんか?まずは、お気軽にご相談ください。

 

無料の経営相談会はこちら

2020年5月24日 投稿|     

無料の経営相談
無料の経営相談
お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
WEBサイトからのご予約・お問い合わせもできます。
電話でのご相談は
受付時間:平日9:00~18:00
(土日祝日、年末年始除く)
WEBからの
お問い合わせは