fbpx

ブランドカンパニーの作り方(定義編)

投稿日:2020年06月09日

 

 

ブランドカンパニーとは、認知度の高い会社、人気ランキング上位の会社、おしゃれな会社、という意味ではない。10年以上、経営コンサルティングをしていると、持続的に成長する会社がある一方で、急成長ののちに潰れる会社。後継者不在で譲渡される会社。ひっそりと廃業する会社。成長するクライアント企業の裏側には、そんな現実もたくさんありました。では、同じようにスタートしても、持続的な成長をする会社と、ダメになってしまう会社の差は何なのでしょうか?

 

 

強い会社の共通点

 

1.成長性と収益性
 売上成長と、営業利益の両方を高い数字で確保している

2.顧客満足度
 成長と収益だけではなく、顧客満足が高く紹介率も高い

3.社員ロイヤリティー
 社員が成長し、自立型で優秀な人材が辞めない

 

この3つを兼ね備えている会社が、持続的に成長し、強い会社であるということが400社以上の経営データ分析からわかっています。そこで我々は、各社が「それぞれに愛され、それぞれのカタチで光り続ける」ために、1つの目指す姿を明示したいと考えております。それが、ブランドカンパニーです。

 

 

ブランドカンパニーとは

 

1.18%ルール
 営業利益率と売上高成長率の和が18%を超えていること

 

2.顧客満足度
 顧客アンケート、ヒアリングで満足度、紹介率が特定数値を超える

 

3.社員ロイヤリティー
 社員の自立性、成長性、生産性が特定数値を超える

 

これらを測定し、評価し、改善することで、3つの指標に沿って常に自社を省みて改善をする。顧客市場と労働市場から高い支持を受け、経営数値も良い。この状態が常に発展し続ける会社の特徴となります。

 

ブランドカンパニーとは、売上成長だけを目指すことではありません。
ブランドカンパニーとは、高い収益性だけを目指すことではありません。
ブランドカンパニーとは、長い社歴だけを目指すことではありません。

 

 

ブランドカンパニーとは、
それぞれに愛され、決して潰れてない会社

 

100棟ビルダー、地域No1ビルダー、多角化ビルダー、経常利益10%ビルダー、行列のできる設計事務所、事業継承による100年企業などなど、100社100通りのあるべき姿で、社会に愛され、決して潰れない強い会社であること。これが継続的に発展していく企業の特徴です。

 

ブランドカンパニーの例

 

・100棟ビルダー
・地域No1ビルダー
・多角化ビルダー
・経常利益10%ビルダー
・行列のできる設計事務所
・事業継承による100年企業

 

 

私たちの社会価値は、

 

それぞれに愛され、決して潰れない
ブランドカンパニーをつくる

 

3つの指標で自社を健康診断する。自社のあるべき姿を明確にする。自社のブランドコアを作り、商品開発、マーケティングをしていく。ブランドコアを作り、採用、育成、評価をしていく。成長が全てではない。生産性が全てではない。

 

でも、成長と利益を兼ね揃え、さらには顧客、社員からの高いロイヤリティーを得る。そのためには、ブランド戦略が必須です。ブランドカンパニー、ブランドビルダーへと転身しませんか?まずは、私たちにご相談ください。

 

住宅会社の経営改善なら、イノマルコンサルティング
ブランドカンパニー目指すなら、イノマルコンサルティング

 

無料のブランドカンパニー相談は、こちら

 

2020年6月9日 投稿|     

無料の経営相談
無料の経営相談
お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
WEBサイトからのご予約・お問い合わせもできます。
電話でのご相談は
受付時間:平日9:00~18:00
(土日祝日、年末年始除く)
WEBからの
お問い合わせは