ハウスメーカーと差別化する
地域住宅会社のリポジショニング

投稿日:2021年09月17日

全国の住宅会社様の経営指標を見ていくと、性能もデザインも同質化され、差別化を図り「競争優位性」の確保が難しい市場環境になってきたことを実感しています。だからこそ、どこでどのように選ばれるか?という企業(商品)のポジショニングが必要不可欠です。マーケティングも、ブランディングも、セールス強化もこのポジショニングが曖昧のままやっていても、全く意味の無いものとなってしまいます。

 

 

今、住宅会社は、大きな分岐点に立っています。

 

①工務店・地場ビルダーと2000万円で戦う?


②性能・デザイン・付加価値でHMと戦う?

 


多くの住宅会社がチカラを付け、デザイン力、性能、金額の差が埋まり、同質化されてきています。この中で、デザイン力が弱い会社は集客で苦労しますし、商品力(仕様 性能 付加価値)が弱ければ見積りや契約で苦労することになります。一方で、そこそこ実力がついても、同質化した市場によって「金額」や「セールスロジック」、「広告量」による競争が激しくなっており、なかなか利益を出しにくい環境になっている。というのが全国的な傾向です。ですから、私たちは、性能・デザイン・付加価値を持ってハウスメーカーと2500~3000万円ゾーンで勝負するためのリポジショニングを推奨しています。これがブランドビルダーになるためのポジショニングとなります。

 


●ハウスメーカー
 企業ブランドで「商品」と「金額」を提示する「住宅販売」

 

●ブランドビルダー
 「付加価値」と「企業姿勢」で行う「あなたの家づくり」

 

●地域ビルダー
 デザイン 性能 コストパフォーマンスの「あなたの家づくり」

 


今、マーケットはこのような環境にあるとのでは無いでしょうか?ですから、企業姿勢(CI)と付加価値を明確に定め、ハウスメーカーとは違う理由で選ばれる企業ブランドが必要不可欠になります。付加価値は意図して構築していかなければ、なかなか生まれていきません。ハウスメーカーと差別化し、地域ビルダーを競合排除するには、住宅会社としての経営戦略が必要不可欠であり、逆に言えばこの企業リポジショニングが成立すれば、集客数、契約率、完工粗利、労働生産性が高まり、収益性の高いブランドビルダーへと変化することができます。

 

 

 


付加価値の源泉とは??

 

・社歴
・地域での設計こだわり
・地域での性能こだわり
・地域での工法こだわり
・あるべき姿 ありたい姿
・オペレーションモデル
・ブランドアイデンティティ

 

などなどになります。必ず地域に根付いた家づくりをしている以上、「選ばれる理由」、「付加価値の源泉」、「競争優位性の源泉」があります

 

これを抽出し、未来のブランドに向けて強化、発信していくことで、2500万円〜3000万円ゾーンでハウスメーカーよりも選ばれる企業へと変化していくことができます。弊社では、「平均単価1900万円 10棟ビルダーから、平均単価2300万円 30棟ビルダーへと転身」した事例や、「平均単価2000万円 150棟ビルダーから、平均単価2500万円 200棟ビルダーへと転身」した事例がございます。

 


このようなお悩みはありませんか?

 

・地域競合他社に見積もりで負けている
・そもそも集客数が少ない、訴求力が弱い
・付加価値を設計したいが、どうやればいいかわからない
・競合と同じに見られてしまい、競争優位性が無い
・完工粗利を高め、販管費を下げるブランドを作りたい

 

付加価値を設計し、ブランドビルダーへとリポジショニングしていきませんか?

まずは、私たちに相談下さい。

 

弊社では、全国800社以上の住宅会社経営データベースを構築しています。商品設計、マーケティング設計、ビジネスモデル構築、オペレーション設計、採用育成制度など、成功するモデルと失敗パターンを豊富に有しています。データに基づく、再現性の高い経営によって経常利益率10%ビルダーを全国で実現しています。


リポジショニングについて相談したいのですが・・・


と無料の経営相談会をご利用ください。
貴社の現状を把握させていただき、事例や解決策をご提示させていただきます。


住宅会社の経営改善なら、
イノマルコンサルティング


無料の経営相談はこちら

 

 

 

2021年9月17日 投稿|     

無料の経営相談
無料の経営相談
お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
WEBサイトからのご予約・お問い合わせもできます。
電話でのご相談は
受付時間:平日9:00~18:00
(土日祝日、年末年始除く)
WEBからの
お問い合わせは