ノーアイデンティティカンパニーに陥っていませんか?

投稿日:2022年01月10日

 

これまで10年以上、住宅業界に特化した経営コンサルティングをさせていただき、820社以上の経営データベースを策定してきました。これによりわかったことは、強い会社と弱い会社の差は、アイデンティティにある。ということです。

 


測定・評価・比較できるものしか
意図的に向上させることはできない

 

・ブランドエクイティの作り方
・事業経済性の作り方
・競争優位性の作り方
・企業価値の作り方

 

これらは、方程式があり意図的に創造・向上させることができます。現にこの方程式(※社外秘)があることで、決算書レベルでPLとBSを大きく改善・向上させることができています。そして、これらの価値の源泉は、企業のアイデンティティに相関することがわかっています。

 

 

No identity

 

 会社の魂・心であるアイデンティティが曖昧なまま、ブランディング、マーケティング、経営戦略、組織戦略が企画・運用されているケースが世の中の大半です。これらを支援するたくさんのプロジェクトやプロダクトがありますが、これらも同じく大半が上っ面で立案、運用されていることがほとんどです。それは、会社の魂や心を作れる人が稀有であり、大半のサラリーマンコンサルタントには到底できるものではないからです。どんなに優れた実行策を持ってこようと、企業のアイデンティティが曖昧であれば、それらは決して競争優位性、企業の強さには繋がりません。

 


No identity company

 

・ブランディング
・マーケティング
・プロダクト
・リーダーシップ
・オペレーション

 

などなど、どんなに実行しても、Identityやideologyが曖昧なままの経営では、積み重ならないですし、事業経済性、競争優位性、ブランドエクイティを向上・創造することは決してできません。企業を本当に強くしようと思ったら、持続的な事業経済性、競争優位性、ブランドエクイティの創造と向上無しにはできません。そしてそれらの源泉には、必ずidentityがあります。

 


このような課題はありませんか?

 

・流行りの企画住宅を購入し続けている
・単年のマーケティングになっている
・ブランディングが資産になっていない
・コンサル会社を入れるが、会社が良くならない
・PLとBSのあるべき数値目標が曖昧だ

 

 

まずは私たちにご相談ください。

 

CIやブランディングについて相談したいのですが・・・

と経営相談会をご利用ください。

 

 

住宅会社の経営改善なら、
イノマルコンサルティング

 

無料の経営相談はこちら

 

 

工務店 設計事務所 住宅会社のための

#企業価値の方程式
#事業経済性の方程式
#ブランドエクイティの方程式
#競争優位性の方程式

 

2022年1月10日 投稿|     

無料の経営相談
無料の経営相談
お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
WEBサイトからのご予約・お問い合わせもできます。
電話でのご相談は
受付時間:平日9:00~18:00
(土日祝日、年末年始除く)
WEBからの
お問い合わせは