タグラインによるポジショニング

投稿日:2016年12月29日

「タグラインでポジションを掴む」

 

経営において住宅「商品サービス」でポジションを確保するという経営戦略は超重要です。
しかし、地域ビルダーにおいて生きたポジショニングコピーを有している企業は少ないようです。

 

イノマルでは、経営コンサルをする際に、
ポジション占有のために、「キャッチコピー」と「デザイン」を重要視しています。

 

①キャッチコピーとは、
『商品サービス価値が、最大化されるように定義付けする』こと

 

②デザインとは、
『価値が最大化されるように、企業・商品をポジショニングする』こと

だと考えています。

 

 

こと、キャッチコピーにおいては、タグラインが重要です。
タグラインとは、「お客様への提供価値」であり、カテゴライズすることだと考えています。
いわゆる競争優位性を明確に伝えることです。

 

「住宅」という商品サービスにおいて、
同じエリアの競合他社が同じように言えることは、優位性にはなりません

競争優位となる、自社の価値を伝えるべきです

 

・設計士と作るローコスト住宅
・建築家と作る家
・自然素材の南欧住宅
・ダブル断熱で作る北欧住宅
などなど、商品サービスのタグラインでカテゴライズを明確にし、
優位性を明確に伝えることが何よりも重要です。

 

 

住宅業界で言えば
愛媛県No1ビルダーであるコラボハウスでは、
「設計士とつくるデザイナーズ住宅」をタグラインとすることで市場を作ってきました。

 

これが携帯市場では、
ソフトバンクがドコモの牙城を崩すために
「つながりやすさNo1」をタグラインとしてシェア1位につきました。

 

ダイソンは掃除機市場で
「吸引力の変わらないただ一つの掃除機」というタグラインで
新市場を開拓していきました。

 

自社のキャッチコピーやタグラインをみたときに

①他社にはない自社ならではの、顧客への価値
②Missionとして市場に提供するカテゴライズ提起
③お客様から見た時のわかりやすさ

 

の3点を備えているかどうか?これが企業成長においてとても大切なことであると思います。

曖昧なコピーではポジションは取れません。結果、存在意義を輝かせる可能性は低くなります。

 

 

2016年12月29日 投稿|     

無料の経営相談
無料の経営相談
お電話にてお気軽にお問い合わせ下さい。
WEBサイトからのご予約・お問い合わせもできます。
電話でのご相談は
受付時間:平日9:00~18:00
(土日祝日、年末年始除く)
WEBからの
お問い合わせは